QuuuPA!

九州最大級アカペライベント「QuuuPA!」 Official Site

ロゴについて – An Interview with SHINKI

Interview with Shinki

QuuuPA!のロゴをデザインしてくださった駒澤大学アカペラサークル「鳴声刺心」OBの河野心希さんにインタビューを行いました。

―心希さんがデザインを始めたきっかけを教えてください。また、アカペラライブでもデザインにこだわっていらっしゃったかと思うのですが、その理由も是非お聞きしたいです。

バンドを魅せるという事を考えた時にデザインをこだわる事は自然な流れでしたね。

自分はバンドを組んだ時にコンセプトを持っているんですけど、デザインの力を使う事でバンドのイメージをよりお客さんに伝える事ができるな、と。

最近はライブだけじゃなくてSNS上での動画とか画像とか、お客さんとコミュニケーションできる機会って色々ありますからね。

お客さんとコミュニケーションできる機会は全部自分達のイメージ、ブランドを伝える事のできるチャンス!と思ってやっていました(笑)

―デザインをする上でのポイントなどはありますか?

ん〜、なんでしょうかね。デザインって一般的に「ロゴを作るとかポスターを作るとか何か制作物を作る」というイメージを持たれると思うんですけど、そうではなくて、まずは“相手にどういう印象をもってほしいか” “どういう気持ちになってほしいか”をまずは考える、デザインする事が大事かなと思います。

―なるほど。とはいってもなかなか真似をするのが難しそうだと思うんですが、今から真似できるデザイン!とかあれば是非教えてください。

まずは先ほど言ったコンセプトとか想い、意思がないとデザインはできないのでそこはバンドメンバーで是非とことん話し合ってほしいです!

最初にやりやすいのはSNSの活用じゃないですかね。発信する前に発信するものが自分達のコンセプトに合ってるものなのか、伝えたい事に合っているのかを考えるだけでも変わると思います。

そこから余裕がある人は衣装やフライヤーとかどんどんやっていくと自分達のバンドのカラーをより出しやすくなると思います。

―普段心希さんがデザインをする時にこだわっている事があれば教えてください。

デザインするモノ、コトの魅力を汲み取ってそこにプラス自分のエッセンスをいれて魅力を爆発させる事です。デザインするモノ、コトの本質は何なのか、伝えたい事は何なのかを常に考えてます。

あとは一緒に作る人達の“想い”を大事にしています。“想い”を聞くとこっちもそれに応えたい。と燃えます。(笑)

その方が自分もデザインしていてワクワクしますからね!

だからこれからもそういう“想い”がある人達と一緒に何か作っていきたいです。

―最後に、心希さんから見たQuuuPA!の魅力は何でしょうか!

なんといっても個人的にはレコーディングをして自分達のCDが作れる、さらにはiTunesでの配信という事ですかね。

実際自分もアカペラ現役の時に今回のような大会で作ったCDと無糖BLACKというバンドで作ったCDの2つあるんですけど、どれもすごく思い出の作品になりましたね。

あと意外にCDを自分達で作るとなると著作権とか発注、ジャケットのデザインとか色々と面倒くさい事が本当に多いのでそこをまるっとしてもらえるのは最高だし、これにのっからないという方が個人的に考えられないですね笑

個人的に参加したいです。笑

あとは開催地が福岡という事!

福岡は個人的に美味しいものがあるコンパクトな街だと思うので是非QuuuPA!に参加するだけの目的じゃなくて是非歌ったあとにバンドメンバーと福岡の街を観光して美味しいご飯とお酒を飲んで旅行気分で参加するのもありだと思います(笑)

是非バンドメンバーと思い出作りにくるぐらいで。

学生の今だからバンドメンバーとたくさん思い出を作って欲しいという気持ちも大きいですね。

ー心希さん、ありがとうございました!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)